今年もはじまります

3月に入り暖かくなったと思ったらまた寒くなったりと、不安定な天気が続いています。
皆さん体調は問題ないでしょうか?
弊社は体を壊した者はいないのですが、花粉症患者で溢れています・・・

さて、昨日は毎年恒例みどりのカーテンの準備のために、またまた谷端小学校にお邪魔しました。
工事が終わって1ヶ月も経っていないので、子どもたちも喜んで出迎えてくれました

レンゲ
こちらがプランターの様子です。
みどりのモサモサはレンゲ(正式にはゲンゲ。レンゲソウとも言う)です。
実はツタネットの撤去の際に種を撒いておいたのです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、レンゲには、根に住み着く根粒菌の力で大気中の窒素を吸収し蓄える、窒素固定という独特の能力があります。
窒素はリン酸、カリウムと共に肥料の三要素と呼ばれ、植物にとって非常に重要な栄養素です。
特に窒素は葉肥とも呼ばれ、植物の葉の生長に大きく関わる栄養素です。

みどりのカーテンでは、花や果実のできよりも葉の生育が重要視されます。
そのため、毎年窒素肥料を多めに与えて育てているのですが、化学肥料ばかりに頼るのは土にも植物にも良くありません。
そこでレンゲの力を借りて、少しでも化学肥料の使用量を減らそうという試みなのです

では、作業の様子を続けてご紹介いたします。
土出し
プランターの土と軽石をいったん出して、プランター内の清掃をします。
3分の2は新しい土に替え、3分の1の古い土は再利用します。

水溜り埋め
ちなみに再利用しない古い土は、ビオトープのくぼ地に敷き均しました。
雨が降ると大きな水溜りができてしまうそうなので、その対策です。

レンゲ投入
土を戻すときにレンゲを混ぜます。もっと多くても良かったかもしれません

子どもたちがお手伝い1 子どもたちがお手伝い2 子どもたちがお手伝い3
作業の途中、ビオトープの授業で仲良くなった子どもたちが手伝いに来てくれました
みどりのカーテン事業では、植栽のとき以外は子どもが作業をすることはほとんど無いので私たちとしても貴重な経験でした。

入れ替え完了1 入れ替え完了2
子どもたちがお手伝いしてくれたおかげで、無事に作業が終わりました。

実はレンゲを入れたプランターは2プランターだけで、他のプランターは例年通りの作業しかしていません。
これで苗の生長にどんな差が生まれるか、今年はその点に注意して作業をおこなっていこうと思います。


Written by FUKUDA.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レンゲのポテンシャルがすごいですね。

緑のカーテンを作る上でも化学肥料を使わない試みというのは素晴らしいことだと思います。

こういう活動を共にした子供たちが、意志を継いでいってくれるとステキですよね。

こういった化学肥料を減らす取り組みはステキですね☆

お返事が遅くなりました

>なまけタイガーさん

1年以上も遅くなり申し訳ございません。

記事を読んでいただきありがとうございます。

レンゲや化学肥料については試行錯誤中ですが、なかなか難しいですね・・・

日々、勉強いたします~!
プロフィール

水研クリエイト

Author:水研クリエイト
東京都北区浮間を拠点に活動している水研クリエイト株式会社のスタッフブログです!
会社は3チームに分かれています。

=========
==分析チーム==
=========
水質と水環境
土壌汚染の調査・分析
などなど。

=========
==緑化チーム==
=========
ビオトープ設計・施工・管理
壁面・屋上緑化
稲づくり、都市田んぼ管理
農業向け水耕栽培技術の開発
(水耕野菜はビール屋で提供中★)
などなど。

==============
==クラフトビールチーム== 
==============
ビールの醸造、販売、
飲食店の展開

主に緑化チームのスタッフが日々の出来事をお伝えしています。
よろしくお願いいたします~!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR