FC2ブログ

ホウスイ市川の屋上ビオトープ管理

2014年に完成した、
ホウスイ市川 の屋上ビオトープへ行きました!

植物はしっかり生長していました!施工当時の写真と比較してみてください

1、施工当時 (2014年)
02-b.jpg
2、植栽後 (2014年)
02-a.jpg P3255223.jpg
3、現在 (2017年)
P7200865.jpg P7200867.jpg


ホウスイの方々で草刈りなどの管理をしていらっしゃるとのことです。
大切に使って頂いて本当に嬉しいです

今回は新しいポンプの交換をしに行ってきました。

ポンプの横にある循環用のマスのフタを開けてみると・・・
P7200876.jpg

やっぱり植物が入ってきていました
これはデンジソウのほふく茎と根っこです。
問題はない量ですが、放っておくとどんどん増えてしまうので要注意です


お昼時、従業員食堂の窓からビオトープが見えます。
緑があると、きっと心が和むことと思います。
これからも憩いの場としてご利用いただけたら幸いです。

Written by Ouchi.
スポンサーサイト

会社のイネに花が咲いた!


昨日今日と、雨ですね~
通勤中の人たちは少し憂鬱ですが、
弊社の屋上や駐車場の植物たちは喜んでいるみたいでした!

そんな駐車場の小さな田んぼビオトープについて少しお話します~
今年はもち米に挑戦中~!
P7210076.jpg

先日、自動水やり装置の様子を見に行ったら・・・
P7210079.jpg

花が咲いていましたー

個人的にはこの青々としたにおいが大好きです~!!
・・・早めに防鳥網を用意しないとスズメの襲撃にあいます!

たまに通りすがりの方にお声かけ頂きます。
「毎日ここを通るとき、いろいろ見れて楽しいです~」と嬉しいお言葉を頂きました。
この香りも是非感じて頂けたらなあと思います

Written by Ouchi.

久松小学校の屋上ビオトープ管理


東京都中央区の久松小学校には小規模ながら立派な屋上ビオトープがあります!

夏の管理をしてきました。

ススキがだいぶ生長してきました。
秋には穂がつくといいですね

主な管理内容は

草刈り
循環ポンプのメンテナンス
ストレーナ(吸い込み口)の掃除
生きものの確認

などがあります。

ストレーナとは、循環用の水にゴミが入らないようにするための物です。
「茶こし」の役割をイメージしてください

これがビオトープのストレーナです!
P7180063.jpg

よく見ると、ストレーナ内にたくさん根っこが入ってきています。
P7180064.jpg

故障の原因になるので取り除きます。


屋上のビオトープは床などの耐久性の問題から、校庭ビオトープのような深い池などが作れません。
ただ、水深は5~10センチ程度の浅さでも、メダカやヤゴ等の生きものには問題はありません。

しかし万が一、給水装置などが不具合を起こしたら、すぐに干上がってしまいます。
また、浅い池や流れでは植物の繁茂が著しく、水面は植物で覆われてしまいます。

なので定期的なメンテナンスが必要です。

作業前
P7180059.jpg
作業後
P7180076.jpg


ちなみに、昨年はヤンマ系のヤゴがいました!
PA240494.jpg
今年、羽化したかな?

Written by Ouchi.

ながつた幼稚園ビオトープ ~夏の管理編~


3月の浚渫から4か月たちました!
池の様子はこんな感じです!

< 管理前 >
P7140681.jpg
< 管理後 >
P7140702.jpg

ジュンサイヒルムシロ(ともに絶滅危惧種!)が生き生きとしていました。
トチカガミは増えすぎてしまうのでほとんど除去しました。

通路と流れはこんな感じで管理しました。
< 管理前 >
P7140688.jpg
< 管理後 >
P7140705.jpg
管理直後は、なんだか寂しい感じがするのですが1週間もすれば植物で青々としてきます。
なにより水面が見えることが大切です。

浚渫で生きものが減ってしまった!?と思いましたが・・・
メダカがたくさん泳いでいました
P7140714.jpg

また、イトトンボの仲間で
ベニイトトンボがいました!
神奈川では、絶滅危惧Ⅰ類です。
P7140694.jpg

先日の伐採によって日当たりが良くなった斜面はというと・・・
P7140690.jpg
予想通り、植物が繁茂していました。
この中にフタリシズカやツリガネニンジンなどが含まれているため、
一気に機械で刈るのではなく手刈りで確認しながら選択除草します。

またこの日は柵の修理作業もありました!
園内の木を使った柵です。
P7140726.jpg


ながつた幼稚園は本当に生きものや自然への関心が高く、
ビオトープを大切にされているのが伝わります。
私共も毎回新しい発見があります。
次の管理(観察?)が楽しみです。

Written by Ouchi.

ながつた幼稚園ビオトープ ~3月の浚渫(しゅんせつ)編~

日中、一歩でも外に出ると目まいがする暑さ・・・
弊社の緑化班たちは、今日も暑さにもまれて仕事してきました!

神奈川県横浜市のながつた幼稚園のビオトープ管理です!

生きものや自然についてとても関心が高い幼稚園です

今回のビオトープ管理のお話しをする前に・・・
少しさかのぼって、3月に行った浚渫(しゅんせつ)について少しおはなしします。

この池の特徴は、周りに樹木が多く、毎年落ち葉が池の中に溜まります。
水中の生きものたちは落ち葉を隠れ家にしたり食べたりして活用しますが・・・

溜まっていった枯葉は・・・
1、水中で腐敗
2、ヘドロになり、池底に溜まる
3、水中が嫌気的になる=二酸化炭素が増える
4、生きものや植物が住みづらくなる(;゜0゜)!

なので、どのビオトープも3~5年に1度の浚渫をお勧めしております。
特に池の付近に樹木や落葉の植物がある場合は要注意です~!

浚渫について、写真を見ながらご説明します。

こちらは3月のながつた幼稚園ビオトープ。
P3249964.jpg P3249983.jpg P3249970.jpg
落ち葉が溜まって浅くなった池底です。

1、生きものを捕まえながら水を抜き、池底の泥や落ち葉を取っていきます。
2、仮設池を設置し、捕まえた生きものを入れて保護します。(写真右)
3、数日間天日干しにします。晴れが続き、水底が乾いていたら理想的です。
4、池に水を入れ生きものを戻してあげます。
  水道水ならばカルキ抜きのため1日~2日経ってからにしましょう。

P3249994.jpg IMG_20170404_140941.jpg
     浚渫中         浚渫後


浚渫から4か月、今回の管理ではどのようにビオトープが変わったのか楽しみです

また以前までは日陰+斜面のビオトープで、山で見かける在来の植物を見ることができましたが、
今年斜面の樹木が伐採され日なた+斜面のビオトープに大変身

ますます変化が楽しみです!!

~夏の管理編~ へつづく

Written by Ouchi.

晴海の田んぼ~2017~

今年も晴海で田んぼをやってます!

今年から弊社もパワーアップ!!
耕運機を手に入れたのです

昨年まで、田起こしは手作業。しんどかった~・・・
天然の肥料になるレンゲと一緒に耕運機で一気にかき混ぜました!出だし好調
P4257286.jpg P4190063.jpg P4190038.jpg
   昨年の様子・・・   耕運機登場!早い!  レンゲも咲きました


晴海第三小学校の5年生と恒例の田植え
P5180239.jpg
綺麗に植えられました

518.jpg 66.jpg 616.jpg 630.jpg
 5月 田植え後         6月初旬         6月中旬         6月下旬

順調に育ってます青々とした田んぼのいい匂いがしてきました。
ビオトープとしても価値のある場所です。
しかし、少しだけ問題が・・・

絶滅危惧種の湿性植物のデンジソウ
実は水田雑草と言われ、少し厄介です
すーーーっと細長いランナーを伸ばしてどんどん田んぼを覆ってしまいます。
P6300105.jpg P6160166.jpg

田んぼのための栄養も吸われてしまうので早めに除去しています。
P6160094.jpg


デンジソウをご覧になりたい方は、田んぼ周辺のミニビオトープを覗いてみてください

今月末あたり、運が良ければイネの花を見えるかもしれません
今年も豊作でありますように・・・

Written by Ouchi.

谷端小学校ビオトープ管理

7月中旬

各地のビオトープ内では野草たちが暴れています。
野草は梅雨の恵みをたっぷり含んで、日差しが強くなったら一気に繁茂します!草ボーボー状態です。
管理するなら、今が ベストシーズン !!
秋にちょうど良い状態にするため、適度な管理をします。


今回は北区の谷端小学校のビオトープ管理についてです。
昨年の3月に完成したビオトープです。詳しくは→谷端小学校のビオトープ


まずここの住人、ヤギのユリさんにご挨拶です。
ユリさん
撫でさせてくれますが、いきなり角アタックしてきます。

池はすっかり水草ビッシリ
水面が見えないとトンボが産卵しずらくなったり、池の中の酸素が少なくなったりしてしまいます。
水面の水草は貴重なものを残して90%は取ります!(トチカガミなどはすぐ繁茂するので遠慮なく取ってください!)

池 繁茂 池 管理
 Before         After


次は陸地の管理です。普段は生きもののために人間が立ち入らないサンクチュアリ内も、ボーボーになってきました。
学校からのご要望があり、こちらも草刈り管理です。もちろん、在来種や貴重な植物は適度は残します

サンクチュアリ 繁茂 サンクチュアリ 管理
 Before         After


そこへ!!珍しいトンボ発見です!!
陸地に卵を産んでる!!??
都内では珍しいヤブヤンマです
やぶヤンマ
陸地に卵を産み、卵からかえったヤゴは水辺まで歩いていくそうです!
水辺が好きなトンボなので、木の多い谷端小学校のビオトープが気に入ったのでしょうか。
少しずつ生きものが集まってくれるのは本当に嬉しいです。


無事、作業が終わりました。
ユリさん 拡大
ユリさんも歯をだして微笑んでいるようです。笑


小学校の外からでもビオトープやユリさんの様子が見えます。
ぜひちらっと見に来てください

Written by Ouchi.

2017年もグリーンカーテン!!

ご無沙汰しております。1年半ぶりの更新です。
これからまた少しずつビオトープや壁面緑化、生きもののことなどを発信していきます。
よろしくお願いいたします。

2017年の夏もかなり暑い・・・
今年も、弊社の壁面緑化班は大忙しです!
ほぼ毎日のように北区内のグリーンカーテンがある小学校を飛び回っております。

4月に子どもたちと植えたヘチマキュウリゴーヤ小玉スイカ
太陽のパワーで植物たちもグングン伸びて元気いっぱいです!!


そんな壁面緑化をしている20校中の一校、王子第一小学校グリーンカーテンをご紹介いたします~

4月の終わり 4年生と植えつけの授業をしました。
4月のおわり

5月 ちゃんと根付いた!少し安心
5月にはいった

6月 みんなの背を超えた!
6月

7月 3階まで届きました
7月

ここからが本番!
夏になって生長速度が一気にアップ
今までの倍ぐらいの速さで伸びていき、根から吸い上げる水の量も多くなります。

弊社のベテラン壁面緑化士(?)たちが現場できちんと判断してグリーンカーテンを手助けしております。
彼らの気の抜けない日々が続きます・・・がんばれ!壁面緑化班!!

Written by Ouchi.
プロフィール

水研クリエイト

Author:水研クリエイト
東京都北区浮間を拠点に活動している水研クリエイト株式会社のスタッフブログです!
会社は3チームに分かれています。

=========
==分析チーム==
=========
水質と水環境
土壌汚染の調査・分析
などなど。

=========
==緑化チーム==
=========
ビオトープ設計・施工・管理
壁面・屋上緑化
稲づくり、都市田んぼ管理
農業向け水耕栽培技術の開発
(水耕野菜はビール屋で提供中★)
などなど。

==============
==クラフトビールチーム== 
==============
ビールの醸造、販売、
飲食店の展開

主に緑化チームのスタッフが日々の出来事をお伝えしています。
よろしくお願いいたします~!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR