FC2ブログ

中央区 京橋築地小学校 ビオトープ管理

早いところでは菜の花や八重桜など、春らしい景色が
ちらほら現れてきています。


中央区京橋築地小学校の屋上ビオトープにて、
管理作業を行いました。

作業前1

管理作業前①

作業前2

管理作業前②

セイタカアワダチソウ等の外来種を撤去した後、
ビオトープ内に残っていたミソハギやススキの
立ち枯れを刈り取りました。
また、池底に泥が堆積していたため、網ですくいだし
池の際にあげました。
この泥の中にはシオカラトンボやイトトンボのヤゴ、
ドジョウ等の様々は生き物が隠れていますので、
生き物達が池に戻ることができるようにしています

P3114896.jpg

③ここでは初めて発見!ヒメゲンゴロウ

作業後②

④管理作業後

このビオトープは水深が浅く泥が溜まりやすいので、水中が嫌気的に
ならないよう、泥の搔き出しは毎年行っています。

他の小学校では発見することがほとんどない
ヒメゲンゴロウやコオイムシのいるビオトープです。
定期的な管理で生き物達が住みやすい環境を維持できるように
していきたいです
スポンサーサイト

テーマ : 最近のあれこれ
ジャンル : ブログ

中央区 久松小学校 ビオトープ管理

暖かい春の日差しの日も増えましたが、日陰にはいると
冷たい冬の風がまだ残っています。


中央区久松小学校の屋上にあるビオトープの
管理作業を行いました

DSC_1619.jpg

①作業前

ビオトープにはミソハギやススキ等の立ち枯れが残っていたため
刈り取りました。
また、ネコヤナギは伸びすぎている部分を整えました。

DSC_1620.jpg

②ネコヤナギ

水路には外来種のアカウキクサが繁茂していたため
撤去しました。
アカウキクサは水面に漂っているだけでなく、水路の近くの
湿った陸地にも上陸しているので、なるべく剥ぎ取りました。
全て取り除くのは難しいですが、管理の度に少しづつ減らして
いける様に注意して撤去しています。

DSC_1621.jpg

③アカウキクサ

DSCN2604.jpg

④管理作業後

奇麗になったビオトープで、今年の春も子供たちに
たくさんの生き物と触れ合ってほしいです


荒川区 第二峡田小学校 ビオトープ 修復作業

寒い雨の日や暖かい日差しのある日があったりと、
春と冬を行ったり来たりな気候ですね。


荒川区第二峡田小学校のビオトープにて、
修復作業を行いました

このビオトープは2009年に地域のボランティア(ビオトープ隊員)
の方々によって施工されたものです。
今回、池の水が溜まらなくなってしまったという連絡を受け
修復工事を行いました。

前 ビオ 全体2


修復工事では、シートの張替えをすることで水が外へ漏れださない
ように直しました。

防水シート 荒木田


また、池周辺に散らばっていた石を再利用し、石と荒木田で
池沿いをなだらかな斜面にしました。
このように斜面をなだらかにすることによって、ヒキガエル等の
生き物達が行き来できるようにしています。


工事前の池にはヨシが繁茂していたため、勢いを弱めるために
一部を根から撤去しました。
ヨシは勢力が強くどんどん増えてしまうため、定期的に管理する
必要があります。

池の中にはキショウブやウォーターマッシュルーム等の
外来種の植物が多くありましたので、これらも増えすぎないよう
に管理が必要だと思われます。

DSCN2579.jpg


池に水が戻ったことで、今年の春もオタマジャクシがたくさん
見られると思います。楽しみにしていてくださいね

テーマ : 最近のあれこれ
ジャンル : ブログ

晴海第三公園 田んぼとーぷ 経過報告

だんだんとお日様が出て居る時間が長くなり、
春の訪れを感じるようになってきました。


東京都中央区 晴海第三公園に設置されている
「田んぼとーぷ」の菜の花が成長してきました

zentai.jpg


去年12月に種を撒まいた菜の花は
この冬の寒さにも負けずすくすく成長して、
2月の初旬で6cm程度になりました。

ippon.jpg


「田んぼとーぷ」に植えられた菜の花は、
黄色い花が咲いた後に緑肥として鋤きこまれます。
化学肥料だけに頼らず自然の力を利用することで、
たくさんの生き物が暮らす豊かな田んぼを作り上げることが
できます。

今年も晴海のビル群のなかで「農」の景観を作りながら、
美味しいお米ができるように頑張ります

テーマ : 最近のあれこれ
ジャンル : ブログ

袋小学校ビオトープ 浚渫・剪定作業

暖かくなったと思えば雪が降ったりと、
季節の変わり目になり毎日の気温差が激しい日々です。


東京都北区袋小学校のビオトープにて浚渫・剪定作業を行いました

袋小学校のビオトープは池や流れの近くに柿等の落葉樹があるため、
毎年たくさんの落ち葉が池に溜まります。
その溜まった落ち葉が泥となって積み重なり、ついには池の流れを
止めてしまいました。
今回は池に溜まった泥を搔き出す浚渫作業と、池の近くまで伸びてきた
樹木の剪定を行いました。


IMGP1007.jpg
①泥が溜まった流れ

このビオトープは湧き水が溜まっているため全ての水を
抜くことはできませんでしたが、ポンプによる排水で一部の
水を抜いてから、泥の搔き出しを行いました。

IMGP1035.jpg

②排水後の池

IMGP1041.jpg

③泥を搔き出した後

IMGP1060.jpg

④水がたまった後


池や水路にはメダカやモツゴがたくさん生息していましたが、
アメリカザリガニも多くみられました。
アメリカザリガニを池から取り除くには、池の水を全て抜きとり
乾燥させる必要がありますが、ここは湧き水があるため
この方法は難しいと考えられます。
トラップや今回行った浚渫等で、少しずつアメリカザリガニの
個体数を減らしていくことが必要だと思います。

水が流れるようになったビオトープで、
今年の春もたくさんの生き物たちを観察してくださいね

テーマ : 最近のあれこれ
ジャンル : ブログ

プロフィール

水研クリエイト

Author:水研クリエイト
東京都北区浮間を拠点に活動している水研クリエイト株式会社のスタッフブログです!
会社は3チームに分かれています。

=========
==分析チーム==
=========
水質と水環境
土壌汚染の調査・分析
などなど。

=========
==緑化チーム==
=========
ビオトープ設計・施工・管理
壁面・屋上緑化
稲づくり、都市田んぼ管理
農業向け水耕栽培技術の開発
(水耕野菜はビール屋で提供中★)
などなど。

==============
==クラフトビールチーム== 
==============
ビールの醸造、販売、
飲食店の展開

主に緑化チームのスタッフが日々の出来事をお伝えしています。
よろしくお願いいたします~!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR